親戚の家族葬で喪主を任される長所と短所

  • 親戚の家族葬で喪主を任される長所と短所

    • 親戚の家族葬で喪主を任されると、親族が笑顔になる、家族からすごいと言われる、地域に噂で広まるなどの長所があります。

      喪主は業者と葬儀に関する相談をしたり、お坊さんと話し合うなど面倒なことが山積みです。

      そのため、大変な役目を回避できたことから、親族達は笑顔になると見て間違いないです。
      ただ、家族葬が終了後に、何らかのご褒美をもらえる可能性があります。
      ご飯をおごってもらうか、商品券を頂けるかのどちらかですが、親族に奮発してもらうと良いです。

      livedoorニュースの情報を公開しているサイトです。

      また、あちこち動き回る姿を家族が見れば、すごいと褒めてくれると思われます。

      本人としては小躍りしたくなる気分かもしれないです。

      あと、喪主として活躍した話は自然と近所に伝わっていきます。
      周囲に噂として次々と広まることになるため、その話は次第に家族に伝わります。

      今までになかった家族葬について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

      悪い噂話ではないので、放置しておいても問題ないです。


      短所は告別式が一番厄介、精進落としの席でお酒を勧められるなどです。

      家族葬には告別式があるため、喪主はそこでスピーチをする必要があります。



      親戚が喪主をお願いした理由は、これが原因と見て間違いないです。

      ただ、親戚と初めて出会った頃の話や、一緒に遊んでもらった時のことを紹介すれば大丈夫です。

      また、精進落としの席では、喪主はお酒を飲むのも仕事と言われています。


      ですが、お酒が苦手だったり次の日が仕事の場合は、無理に付き合う必要はありません。


      程々にしておいたほうが無難と言えます。

  • 知識を増やす

    • 家族葬は、1950年代の大都市圏への急激な人口集中に起因する宗教意識の変化に加え、少子高齢化による家族構成の核家族化や長く続く経済不況などの解決不可能な社会問題が引き起こした変革と言えます。又、子世代や孫世代に負担をかけたく無い高齢世代の希望を具現化した葬儀の1つの形態とも言え、経済的にも高額な葬儀費用が捻出出来ない子世代の現状にも適している葬儀形態である事から都市部を中心に急増しており、近い将来葬儀の主流になると考えられています。...

  • わかりやすい情報

    • 家族葬は、読んで字の如く限られた身内だけで故人との思い出を偲び、故人の冥福を祈る小規模な葬儀です。一般的に葬儀に比べて通夜や葬祭会場の使用料、会葬者への返礼品や振る舞い料理、精進落とし料理などの費用が数分の1に節約出来るだけでなく、会葬者が限られているので必要以上に気を配る必要がないので、遺族の精神的負担や肉体的負担が非常に少ないメリットもあります。...

  • 社会関係の真実

    • 葬儀というのは亡くなった人をあの世にお見送りするさいごのセレモニーですので、会社の上司、同僚、学校の先生、友だち、近所の人々などが総出で参列するというのがふつうになっています。地方によってはですが、いまでも自治会や隣組などの近隣どうしで葬儀の手伝いをする風習がのこっていることもあり、いきおい豪華なものとなりがちであるといえます。...

  • 社会の重要知識

    • 葬儀は、時代の生活水準と宗教観を如実に表すと言われ、宗教に傾倒している時代には貧富の差も無く一律宗教の教義に従って葬儀が行われ、生活水準が低い時代には宗教観よりも生活が優先され遺体は粗末に打ち捨てられる事も少なくないと歴史が証明しています。現在の家族葬の増加は、神様や仏様などへの信仰心の希薄さや生活水準の低下が根底に存在すると言え、実際に戒名や読経など全ての仏教行為に対して不当に高額な金額を要求して来た仏教界からは人心が離れ、2040年には約4割の寺院が閉鎖に追い込まれると言われています。...

top